日本男子バスケットボールの夜明け ~河村勇輝~

スポーツ

1993年、日本サッカーはプロ化により大きな躍進を遂げました。

三浦知良やラモス瑠偉といったスター選手たちがJリーグ創世記を支え、
その歴史は27年間受け継がれてきています。

それが6回連続ワールドカップ出場、ベスト16進出が3回という結果に繋がっています。

2022年のワールドカップはベスト8が現実的な目標となるでしょう。


そして来たる2021年の東京オリンピック。

この国には、絶対根付かないと言われてきた、あのマイナースポーツの歴史が大きく動きます。

そう、『日本バスケットボール男子代表』が44年ぶりにオリンピックに出場するのです!!

2年前にBリーグが誕生し、現在では八村塁、
渡邊雄太らが海を渡りアメリカンドリームを実現しています。

プロリーグが発足し、日本人NBA選手誕生後、初のオリンピック。

バスケットボール男子代表には大きな、大きな期待が寄せられています。

東京オリンピックは彼らを中心に、国内スター選手の富樫勇樹、竹内兄弟らが出場する見込みです。

そこへ、急激に名乗りを挙げているのが「河村勇輝」です!

福岡第一高をインターハイ2連覇に導き、
その年には特別指定選手として高校生ながらB1リーグの三遠ネオフェニックスに加入します。

途中加入とコロナウィルスのため、わずか11試合の出場でしたが平均12.6得点、
3.8アシストと強烈なインパクトを残しました!!

圧倒的なスピードでプロ選手を振り切り、
広い視野とノールックで次々とアシストを決める姿にファンは沸き、
シーズン終了時には新人ベスト5にも選出されます。

年齢関係なくプロとして活躍する姿、
チームを勝たせたいという本気の姿勢にファンはしびれました!

そんな河村選手には、早くも日本代表入り待望論が出てきています。

おそらく、今後は東海大学に通いながら、
特別指定選手としてB1リーグでプレーすることになるでしょう。

活躍次第では、十分に日本代表入り、そして東京五輪出場があります。

当然ながら、日本代表入りは狭き門です。

加えて、河村選手のポジションにはスター選手、富樫勇樹選手がいます。

しかし、「河村選手なら、きっとやってくれる!!」

不思議とそんな気にさせる選手です。

彼のもつ大きなスケール感は、20年前に高校生ながら日本代表入りした、
田臥勇太選手を思い出させます。

日本のニュースター誕生まで秒読み段階です!!

長年、低迷し続けた日本バスケを若手の旗手「河村勇輝」が救ってくれるはずです!!

東京五輪まで、後1年。

日本中でバスケットボールに熱狂しましょう!!

その先にある、日本バスケットボールの輝く未来のために…。